スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<桜田門外の変>150年の和解法要…水戸、彦根市長が参列(毎日新聞)

 幕末動乱期の1860年、大老・井伊直弼が尊皇攘夷(じょうい)派の水戸浪士らに暗殺された「桜田門外の変」で、直弼公の命日にあたる28日、墓のある東京都世田谷区の豪徳寺で百五十回忌法要が営まれた。「歴史的なわだかまりを乗り越えたい」という井伊家十八代当主、井伊直岳・彦根城博物館館長の呼びかけで、水戸藩士と井伊家の地元を代表し、加藤浩一水戸市長と獅山向洋滋賀県彦根市長も初めて参列、両市の友好を誓った。

【関連ニュース】
全国古式砲術鉄砲サミット:ひこどん、彦根市長を訪問しPR /滋賀

「北野をどり」きょう開幕(産経新聞)
わいせつ致傷容疑で小学教諭逮捕=女子大生に馬乗り、胸触る-愛知県警(時事通信)
千葉法相、女性問題の中井氏に苦言(産経新聞)
後輩に「ボコるぞ」 恐喝容疑で中学生2人逮捕(産経新聞)
<人事>警察庁=4月1日付(毎日新聞)
スポンサーサイト

<窃盗未遂>氏名「忘れた」被告に判決 佐賀地裁(毎日新聞)

 窃盗未遂の疑いで逮捕されたが身元を明かさず「年齢35歳くらい、身長170センチくらい、中肉、色黒、鳥栖警察署収容159号」として起訴され、窃盗罪などに問われた住居不定、無職、松田宣明被告(34)の判決公判が23日、佐賀地裁であった。伊藤ゆう子裁判官は「犯罪行為で生活の糧を得ていて、常習性は顕著」などとして懲役2年8月、執行猶予5年(求刑・懲役3年)を言い渡した。

 判決によると、松田被告は05年7~10月、青森、愛媛、徳島各県で、駐車中の車内から計4回にわたって現金などを盗んだほか、09年10月には佐賀県基山町でさい銭箱からさい銭を盗もうとした。公判では、松田被告は99年から05年にかけて全国を放浪した際、車上荒らしで生活費を得ていたことが明らかになっている。

 伊藤裁判官は判決言い渡しにあたり「裁判所はあなたを松田宣明と確認しているが、思い出せませんか」と質問。松田被告は「そうです」と答え、最後まで氏名を名乗らなかった。

 閉廷後、名前を最後まで明かさなかった理由を報道陣から問われた松田被告は「忘れたものはしようがない」と述べ、今後について「全国放浪の旅に戻り、まずは本州を目指す」と話した。【田中韻】

【関連ニュース】
広域窃盗:強盗強姦未遂で容疑の男を再逮捕 愛知県警
名古屋ひき逃げ:運転の男を逮捕 危険運転致死容疑など
あなたも裁判員:強盗傷害で起訴窃盗・傷害判決 「証拠に制限」検察控訴せず /埼玉
窃盗:容疑で44歳無職男を追送検 空き巣や車上狙い繰り返す--笛吹署 /山梨
あなたも裁判員:強盗傷害 窃盗と傷害罪適用、懲役4年 検察側主張認めず /埼玉

普天間、調整難航は確実=岡田外相が28日に訪米(時事通信)
<消費者庁>こんにゃくゼリー対策 窒息事故で初会合(毎日新聞)
「昼間にも叫び声」マンション住人が証言 天王寺で腹刺され男性死亡(産経新聞)
<訃報>吉田玉松さん76歳=元文楽人形遣い(毎日新聞)
足利事件再審 菅谷さん、法廷では笑顔なく(産経新聞)

隠れた食材で新「郷土の味」(産経新聞)

 知られざる地方の自慢の食材を人気レストランのシェフが腕をふるって「ドレスアップ」し、東京の消費者に伝える。地方と都会を結ぶそんな取り組みが盛んになってきた。仕掛け人は、食や地方にまつわる企画や宣伝のプロたち。シェフにとっては新たな食材を発掘でき、地方にとっては食材を通じて地域の魅力を広く知ってもらえる機会となっているようだ。(津川綾子)

 ◆シェフを招待

 マリンブルーの海に囲まれた長崎県の九十九島。島々に挟まれ、干満差が4メートル近くにもなるという海で「九十九島かき」は育つ。粒が小さく味が濃厚。だが、都会のスーパーで見ることはほとんどない。

 今月8日、九十九島かきの養殖用いかだを囲んで、東京の人気店のシェフ13人が、その身をほお張った。佐世保市の観光コンベンション協会が招待した食材探しツアーで、飲食店検索サイト運営「ぐるなび」(東京都千代田区)が参加を募った。

 なぜ観光振興でシェフを招待なのか。「食は一つの観光資源。もし料理名に『九十九島産の』と名が付けば、観光集客にもつながる」と、同協会の口木史香課長は期待を語る。

 ぐるなびは自治体などと組み、こうした食材探しツアーを平成20年秋から開催。秋田、千葉、和歌山など10カ所に首都圏のシェフを案内した。新たなご当地PR術として注目を集め、他の自治体から問い合わせもある。

 このツアーで九十九島かきを仕入れた東京・銀座のイタリア料理店「ISOLA(イゾラ) blu(ブル)」の濱崎泰輔シェフは「以前は知らなかった食材だが、現地に来て味も生産者の熱意も分かり、早く話がまとまった」。九十九島かきにエシャロットをのせ、赤ワインビネガーをかけた一品も新メニューに決定。効率よく新食材を探せるとあって、多忙な人気店シェフにも重宝だ。

 ◆一度限りの料理

 また、食やまちづくりなどに携わる若者らが立ち上げた「東京ローカルレストラン」も、産地と東京の料理人、消費者の3者を結ぶプロジェクトだ。

 メンバーは毎月2カ所、日本各地の都道府県を訪れる。当地自慢の食材の生産者に会い、農漁業の苦労や喜び、風土の魅力を聞く。そうして都道府県ごとに地域自慢の食材6種ほどを選ぶと、東京の一流シェフに声をかけて「新郷土料理」を創作。月に一度限り、都内で「開店」し、事前に申し込んだ客に供する。農産物の生産者が来店し、語る話はスパイスというより、むしろメーン。東京レストランの自慢メニューは「作り手の思い」なのだ。

 今月27、28日には万葉牛や田中農場の白ネギなど「鳥取県」の6つの食材を、洋食の名店「京橋 ドンピエール」の荒木正輝シェフがフルコースに仕立てる。

 「土地ごとにある多様な食材を知れば、食の時間はもっと豊かになる。このレストランは一日限り。ぜひ、産地に足を運んで」とプロジェクトリーダーの中原一歩さん(32)は話す。 

元Jリーガーを不起訴処分に 強盗と強制わいせつ容疑で逮捕 (産経新聞)
公務員専門校生「知的な感じしない」阿久根市長(読売新聞)
<中国電力>原発説明会阻止される 山口・上関(毎日新聞)
強風で22人けが、16件の建物被害 神奈川(産経新聞)
【一筆多論】石井聡 自民の財政危機直視を(産経新聞)

最強のB級グルメは? 4月10、11日に栃木市でイベント(産経新聞)

 栃木市や周辺地域のB級グルメが一堂に会するイベント「第1回じゃがいも入り栃木焼きそばVS地域B級グルメin蔵の街」が4月10、11日の両日、同市倭町の小江戸ひろばで開催される。市観光協会では、「B級グルメを集めることで、地域の名物の知名度が向上するような相乗効果を期待したい」としている。

 安くておいしく、親しみやすいB級グルメを通じて、観光客を誘致し、地域の活性化を図ろうという狙い。市や観光協会、まちづくりに参加する市民団体などが実行委員会を立ち上げ、準備を進めてきた。

 参戦が予定されているB級グルメは、同市の名物の「じゃがいも入りやきそば」や「宇都宮ギョーザ」「佐野ラーメン」といった県内のメジャーどころに加え、群馬県伊勢崎市の「伊勢崎もんじゃ」、埼玉県行田市の「ゼリーフライ」など、県内ではなかなか味わうことのできないB級グルメ全35品。

 1品300円前後の普通盛りのほか、いろいろなB級グルメを少しずつ食べたい人向けの小分けサイズ(100円)も用意するという。

 会場では、太鼓やバンド演奏などでイベントを盛り上げるほか、当日は、近隣の太平山県立自然公園の「太平山桜まつり」や同市星野町で「星野花まつり」も開かれていることから、実行委は相乗効果も狙っている。

 実行委員長の阿部佳司さん(62)は、「栃木に足を運んでもらうには、“仕掛け”が必要。今後も『食』をテーマにしたイベントで、栃木を訪れる人を増やしていきたい」と意気込んでいる。

【関連記事】
ズビズビのつら~い時期ですが、楽しみも!
王者「津山ホルモンうどん」も 20日からB級グルメフェスタ
「浜松ギョーザ」50円差で宇都宮に惜敗
懐かし新し「ひね鳥」、食材ブランド化へ 着ぐるみも登場
誕生、上州の究極B級グルメ「うTON飯」
20年後、日本はありますか?

「供給過大」の訴え退ける=府相手の基本水量訴訟-京都地裁(時事通信)
<公明>神崎、坂口氏が議員辞職、引退へ 世代交代を加速(毎日新聞)
橋下知事の生激論見られるのに…議会傍聴なぜか空席(産経新聞)
プロ競輪選手、はねられ死亡=国道を練習走行中-千葉(時事通信)
禁輸案可決なら再投票要求=クロマグロで徹底抗戦-水産庁長官(時事通信)

禁輸、本会議でも回避へ=EUで輸出許可制模索の動き-クロマグロ(時事通信)

 【ドーハ時事】ワシントン条約締約国会議が第1委員会で大西洋・地中海産クロマグロの国際取引禁止案を否決したことを受け、25日の全体会合でも禁輸が回避される見通しとなった。禁輸案を提示したモナコが本会議に当たる全体会合で議論を蒸し返さない構えのほか、同案を条件付きで支持した欧州連合(EU)も大差で否決されたことを踏まえ「同じ提案を再び出すことは不可能」とのムードが強いためだ。
 ただ、EU内ではフランスが禁輸措置から輸出許可制への切り替えを探っている。また、各国に大きな影響力を持つ米国は、自ら提案したホッキョクグマの毛皮などの禁輸案に続き、禁輸賛成に回ったクロマグロでも敗北を喫し、今回の会議で大きな成果を得られていない。
 このため「米国が終盤に向け、何らかの巻き返しの動きに出る」(会議関係筋)との観測もあり、波乱がないとは言い切れない。 

<鳩山首相>B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示(毎日新聞)
プリウス・ブレーキに不具合なし=千葉の玉突き事故で調査-県警(時事通信)
<人事>防衛省(毎日新聞)
北教組事件の起訴「極めて遺憾」=文科相(時事通信)
<日米密約>横須賀市議会が非核三原則順守の意見書案可決(毎日新聞)

民家3軒全焼、火元から4歳女児?の遺体(読売新聞)

 18日午前0時5分頃、広島県尾道市西土堂町の飲食店従業員大村明日香さん(39)方から出火。

 木造2階建て約60平方メートルを全焼。隣接する民家2棟にも燃え移り、いずれも木造2階建ての計約140平方メートルを全焼した。大村さん方から、娘の優実ちゃん(4)とみられる遺体が見つかり、県警尾道署で身元の確認を急いでいる。

 現場は、JR尾道駅北東約300メートルの千光寺山の斜面に民家が密集する住宅地。

<シー・シェパード>今後の展開に不安の声も 船長逮捕(毎日新聞)
野生ニホンザル、花粉症で受難 兵庫・淡路島(産経新聞)
<奥州市長選>小沢昌記氏が初当選 岩手(毎日新聞)
<再リコール>ヤンマー修理済み製品が発火(毎日新聞)
給与未払いの阿久根市元係長、強制執行申し立て(読売新聞)

放鳥トキが「擬交尾」=初確認、繁殖に期待-環境省(時事通信)

 国の天然記念物トキの野生復帰を目指し、新潟県佐渡島で、2008年から放鳥された計30羽(1羽死亡、1羽保護)のうち、1歳の雌と3歳の雄が「擬交尾」する姿が、12日までに確認された。これまでに見られた枝をくちばしで渡す「枝渡し」より親密さを増した求愛行動とされ、放鳥トキで確認されたのは初めて。
 環境省によると、2羽はともに繁殖期を迎えたことを示す「生殖羽」に変化している。10日午前6時ごろ、島内で木の枝に止まって雄が雌の背中に乗る姿を同省職員が確認した。 

山形新幹線が運転見合わせ 常磐道も一部通行止め 震度5弱地震(産経新聞)
弁護士預かりの6800万円着服=容疑で元事務員の社長再逮捕-警視庁(時事通信)
海外税制悪用、1億3千万円脱税容疑で社長告発(読売新聞)
パフォーマンス警戒?姿見せず元船長を移送(読売新聞)
佐賀城 半世紀ぶりの堀干し ハス復活へ250人が参加(毎日新聞)

「科学技術で解決」は75%=環境や食糧問題-内閣府調査(時事通信)

 環境や食糧、水、感染症、資源・エネルギーといった社会の新たな問題に対し、4人に3人は「さらなる科学技術の発展によって解決される」と思っていることが13日、内閣府が発表した「科学技術と社会に関する世論調査」の結果で分かった。科学技術の発展を期待する表れとみられ、分野別では「医療分野」で貢献すべきだとの回答がトップだった。
 調査は、1月14日から同24日にかけて全国の成人男女3000人を対象に実施。回収率は63.9%だった。 

【関連ニュース】
今後5年はデフレ見込む=上場企業の成長率見通し
殺人時効、54.9%が「短い」=死刑容認は増加
生活満足度「低下」が36.4%=内閣府調査
耐震補強予定ない、65.5%=理由「お金かかる」が半数
9%が「芸術に寄付」=誇れる文化は伝統芸能が最多

<雑記帳>すき間からシクラメン、たくましく 千葉・茂原(毎日新聞)
資金不正流用 ローソン子会社元幹部2人を告訴(産経新聞)
NEC元部長の過労自殺を認定…東京地裁(読売新聞)
<衆院委>子ども手当法案を可決 高校無償化法案も(毎日新聞)
<奈良県警>現金授受の警官 組関係者から200万円の借金(毎日新聞)

自民・伊吹氏、「谷垣降ろし」発言に自制求める(産経新聞)

 自民党の伊吹文明元幹事長は9日午前、党本部で開かれた新綱領策定委員会幹事会で、出席者の中で執行部一新を求める声が出ていることについて「私も言いたいことはあるが、長年党にお世話になった人間が、党内で話もせずに外でベラベラ話すのはよくない」と、言動を自制するよう求めた。

 会議には、谷垣禎一総裁のほか、執行部に距離を置く与謝野馨元財務相に近い園田博之幹事長代理や、舛添要一前厚生労働相、河野太郎衆院議員が出席した。このうち園田氏は「(与謝野氏の主張は)単なる内紛でない」と述べ、執行部は鳩山内閣を退陣に追い込めない責任を重く受け止めるべきだと訴えた。

 伊吹氏は会合後、記者団に「執行部もなぜ後ろから鉄砲を撃たれるのか反省しないといけない」とも述べた。

【関連記事】
与謝野氏の目的は政権交代 園田氏が自民幹事長に説明
自民・中川氏「支持率、顔より政策」 与謝野氏とは一線
谷垣氏「良識をお持ちだ。頑張って」
「舛添首相」期待感断トツ! 凋落自民希望の星
首相!「事務方のミスは大臣のミス」ですよ
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

首相動静(3月2日)(時事通信)
亀井氏、企業・団体献金禁止に猛反発(産経新聞)
津波の避難者少なく「反省点」官房長官 チリ巨大地震(産経新聞)
リニア中央新幹線 「ルート選定」開始 交通政策審(産経新聞)
普天間長引けば日米関係に悪影響…国務次官補(読売新聞)

ロバート秋山さん、玉突きで軽傷=インパルス堤下さんの車も-東京(時事通信)

 6日午後3時10分ごろ、東京都大田区羽田の環状8号線で、江戸川区の会社員男性(45)の乗用車が、お笑いグループ「ロバート」の秋山竜次さん(31)が運転する乗用車に追突した。
 秋山さんの車は、さらに前を走っていたお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦さん(32)の車に追突。警視庁蒲田署によると、秋山さんが首に軽傷を負い、堤下さんと男性にけがはなかった。
 男性は「よそを向いていた」と話しており、同署は前方不注意が原因とみて調べている。
 同署によると、現場は見通しの良い片側3車線の直線道路で、3台とも同じ車線を走行中だった。秋山さんと堤下さんは、一緒にラーメンを食べに行くところだったという。 

【関連ニュース】
トレーラー追突、6台玉突き=4人死傷、運転手を逮捕
バイクに車で追突、少年死亡=「蛇行」に殺意、男逮捕
相武紗季さんが追突事故=信号待ちの車に、けがなし
パトカーとトラックが炎上=トンネル内で追突、警官2人重軽傷
「報ステ」アナが人身事故=原付きバイクと接触、男性軽傷

<近鉄百貨店>全従業員の個人情報紛失(毎日新聞)
自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判(産経新聞)
行方不明 高等養護学校の女子生徒 先月28日から 長崎(毎日新聞)
民主の「驕りの象徴」 参院予算委3閣僚遅刻(産経新聞)
<政府・民主>マニフェスト企画委を設置 首相と幹事長合意(毎日新聞)

石原軍団・池田努、線路から男性救出「当然のことをした」(産経新聞)

 港区の東京メトロ銀座線表参道駅で4日、線路上に転落した男性(71)を救助したなどとして、東京消防庁は5日、石原プロモーション所属の俳優、池田努さん(31)ら3人に感謝状を贈ることを明らかにした。

 同庁などによると、池田さんは4日午後9時10分ごろ、男性が線路に転落しているのを発見。会社員の秋山佳範さん(23)とともに線路に飛び降り、男性をホームに引き上げた。近くにいた医師が応急処置を施して救急隊に引き継いだ。男性は頭を負傷したが命に別条はない。東京メトロによると、当時、渋谷行きの電車が同駅の約420メートル手前まで接近し、約1分後に到着予定だったが、転落に気付いた乗客が非常停止ボタンを押して緊急停止した。

 池田さんは平成12年にデビューし、テレビドラマ「弟」(16年)などに出演した。池田さんは「とっさのことですが、当然のことをしたと思います。転落されたお方に、大きなけがはないとお聞きして、安心しました」とコメントした。

【関連記事】
転落防止ドアで乗客の安全確保 山手線は全駅で設置へ
「とっさに体動いた」女性救出のお手柄男性に感謝状
安全面さえ大阪府vs大阪市…市外の駅だけ転落防止柵なし
「撮り鉄」線路立ち入り 大阪府警が実況見分
新幹線非常用ドアコック改良 自殺防止などに効果

<歯周病シンポ>東京で開く 300人が集まり熱心に聴く(毎日新聞)
地域でずらして春秋5連休を=休暇分散化で政府案-観光本部(時事通信)
山岡氏、主導の質問研究会でマニフェスト案検討も 党内中堅のガス抜きか(産経新聞)
岡田外相が北海道訪問 政権発足半年、北方領土進展なし(産経新聞)
診療所が11か月ぶりに減少-12月末概数(医療介護CBニュース)

走行中「のぞみ」車内に煙充満、車輪付近から油(読売新聞)

 3日午後8時40分頃、兵庫県の山陽新幹線の新神戸―西明石間を走行中の博多発東京行き「のぞみ56号」(16両)の車掌から、「12号車が焦げ臭く、煙が充満している」と東京指令所に通報があった。

 この列車は新神戸駅に停車、12号車の乗客30―40人は他の車両へ移るように誘導した。神戸市消防局などが12号車の床下の機器を点検しているという。

 JR西日本によると、この列車は最新型車両「N700系」で運行。点検で異状がなければ新大阪駅まで運行し、車両を取り換える。

 同消防局によると、駆け付けた消防隊員が12号車の車輪付近から大量に油が漏れているのを確認。車内に煙は見えず、火が出た形跡もなかったが、焦げ臭かったという。 

春一番 関東、西日本などで観測 全国で5月並みの陽気(毎日新聞)
副看守長ら4人、二審も有罪=刑務所革手錠暴行-名古屋高裁(時事通信)
押尾被告の2度目の保釈請求も却下(産経新聞)
3キロ引きずり死、元ホストが初公判で殺意否認(読売新聞)
<民主>「七奉行」が会合 参院選に向け意見交換(毎日新聞)

<米アカデミー賞>会員に「ハート・ロッカー頼む」とメール(毎日新聞)

 【ロサンゼルス吉富裕倫】3月発表の米アカデミー賞(芸術映画科学アカデミー主催)作品賞などにノミネートされた映画「ハート・ロッカー」のニコラス・シャルティエ共同プロデューサーが、ルールに違反してアカデミー会員に投票を呼びかける電子メールを送っていたことが発覚し、謝罪した。米紙ロサンゼルス・タイムズなどが報じた。

 イラク戦争の爆発物処理班を描いたハート・ロッカーは全米批評家協会賞など数々の賞を受賞し、アカデミー賞ではジェームズ・キャメロン監督の大ヒット作「アバター」と同数の9部門でノミネートされ、対決の行方が注目されている。

 受賞はアカデミー会員の投票で決まるため、シャルティエ・プロデューサーは知り合いの会員らに「ハート・ロッカーを1位に、アバターを10位に投票するよう呼びかけて。そうすれば5億ドル(約450億円)の映画ではなく、我々(低予算の独立系)の映画が勝つ」などと電子メールで呼びかけた。

 だが公正で倫理的な競争をうたう同賞は、会員個人に手紙や電子メールで候補作を称賛するだけでもルール違反。メールの発覚で、シャルティエ・プロデューサーは「ルールを知らなかったことは言い訳にならない。強く後悔し、謝罪する」と撤回の電子メールを出した。

【関連ニュース】
米アカデミー賞:「ポニョ」ノミネートされず
アカデミー賞:作品賞のノミネート倍増し10本に
西田敏行:「人間の素晴らしさ感じた」と涙の熱弁 アカデミー賞候補作「インビクタス」
アカデミー賞:「アバター」「ハート・ロッカー」が9部門ノミネート
アカデミー賞:「トワイライト」クリスティン・スチュワートら若手俳優がプレゼンターに

中小企業支援マネジャーを再公募=新潟市〔地域〕(時事通信)
<県職員不正流用>4人で総額1億円超 神奈川県が調査(毎日新聞)
予防接種法「遅くても5年で抜本改正」-足立政務官(医療介護CBニュース)
元校長の処分取り消し確定=養護学校訴訟-最高裁(時事通信)
司馬さんの絵心 色鮮やかノート 大阪の記念館で一般公開(産経新聞)

<殺人未遂容疑>1歳娘の首絞めた母親逮捕 茨城・土浦(毎日新聞)

 1歳の長女の首を絞めて殺そうとしたとして、茨城県警土浦署は1日、同県土浦市永国の主婦(20)を殺人未遂容疑で逮捕した。「育児に疲れていた」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、2月28日午後10時40分ごろ、自宅で会社員の夫(20)がテレビを見ている間に、同じ部屋で寝ていた長女の首を右手で絞めたとしている。

 同署によると、夫がすぐに気付き、意識を失っていた長女を病院へ運んだところ、外傷はなく、意識も取り戻した。3人暮らしで、主婦は育児ノイローゼのため精神科へ通院していたという。【山内真弓】

【関連ニュース】
放火:男が油まき住宅全焼 夫婦重傷 京都
殺人未遂:元警官、自宅前で撃たれ重傷 福岡
殺人未遂:男性2人刺される 容疑者逮捕 東大阪
警察署内発砲:傷害の容疑者、銃奪い 警官1人重傷 東京
殺人未遂:男子高校生刺した容疑 56歳の男を逮捕 徳島

<皇太子さま>「これからだという思いで」…50歳に (毎日新聞)
<雑記帳>「伝説のあやめ」新種と判明 北九州(毎日新聞)
「都市型軽費老人ホーム」の整備補助で説明会―東京都(医療介護CBニュース)
【私も言いたい】テーマ「国母選手の“腰パン”問題」 「不快に感じる」が8割(産経新聞)
長崎知事選、自公系の中村氏初当選 「政治とカネ」響く(産経新聞)

大腸がん治療用の抗体医薬品の承認を了承―医薬品第二部会(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は2月22日、武田薬品工業と100%子会社の武田バイオ開発センターの抗がん剤ベクティビックス点滴静注を承認することを了承した。抗EGFR(上皮成長因子受容体)抗体で、適応は「KRAS遺伝子野生型の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん」。海外では34か国で承認されているという。

 武田バイオでは、KRAS遺伝子の変異に着目して臨床試験を行い、変異がない「野生型」で治療効果があることを確認した。厚労省は、ベクティビックスの発売に間に合うように、別の部会でKRAS遺伝子変異の有無を調べる検査キットの審査を進めている。

 ベクティビックスは、3月の薬事分科会を経て正式承認されるが、同じ作用メカニズムの治療薬があるため、分科会では厚労省が承認の方針を報告する「報告品目」の扱いとなる。承認条件として発売後に全例調査が課される。


【関連記事】
腎性貧血治療薬の国内フェーズ3試験を開始―武田薬品
不眠症における入眠困難改善薬ロゼレムの承認を了承
高中性脂肪治療薬の国内フェーズ3試験を開始―武田薬品
タケプロンに効能追加申請―武田薬品
酸関連疾患治療薬の国内フェーズ2試験を開始―武田薬品

小林議員側違法選挙費 原資の一部、主任手当か 北教組 30年で55億円プール(産経新聞)
小沢氏の国会説明で首相「本人に任せる」(産経新聞)
<1票の格差>東京高裁判決 定数是正に早急な対応迫られる(毎日新聞)
「生ぬるい」「絶対無理」…「全面禁煙」通知 遅れる対策(産経新聞)
【政論】夫婦別姓 3分の2が違和感…子供の視点を(産経新聞)
プロフィール

ミスターよしのりみずかみ

Author:ミスターよしのりみずかみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。